地震災害からあなたとピアノを守るには


ピアノを自宅の和室や洋室に置いて、床が抜けおちないかと心配される方が結構いらっしゃいます。ピアノの重量は、アップライトで190kg~280kg、家庭用グランドピアノでは280kg~350kgくらいあります。ですからこれから家を建てたり、リフォームする予定がある方は、工務店、施行業者さんに相談して、床の補強をしておけば安心でしょう。

和室でグランドピアノ

しかし、実際には特に床の補強をしていない方がほとんどです。私も30年余りピアノ業界にいますが、床が抜けたところは見たこともありませんし、聞いたこともありません。またお客様の中には6畳の日本間にアップライトとグランドピアノを置いている方も複数いらっしゃいますので、心配しすぎも良くないと思います。

それでもご心配しているお客さまにいつも私がお話するエピソードを1つ紹介します。「大人4人でこたつでミカンを食べていたとします。1人平均50kgとして、掛ける4で200kg! 男性なら平均60~70kgくらいが普通でしょうから、これも掛ける4で240~280kg!!の重さになります。

どうです? 床が抜けると思いますか? 考えられないですよね。しかもアップライトピアノは壁に付けて設置しますので、必ず横柱が入っていますからまったく心配はいりません」みなさんこれで御納得されます。

わたしがみなさんに申しあげたいのは、床が抜け落ちる心配よりも、地震災害によるピアノの損壊や人的被害をこうむる可能性の方が大きいということです。阪神大震災の経験を通して、重心が後方の高部にあるアップライトピアノは、あっけなく転倒し、グランドピアノは、脚が折れ転倒したり、縦揺れにより空中に浮いた瞬間にバランスを失い転倒することがわかっています。

お金をかけずに、今すぐできること、それはピアノのある部屋では絶対に寝ない!ことです。これでピアノ転倒による事故を防ぐことができます。震度7クラスの地震が発生したら、何をやっても無駄だという人もいますが、私が出来る事は、実験である程度効果の認められた地震対策器具を地道にご紹介していくだけです。学校・幼稚園用のピアノ転倒防止器具から、ご家庭でご使用になれる器具をご紹介しています。ご参考にしてください。

お金をかけずにピアノを掃除する方法

ついでに、ちょっと作業的には大変かもしれませんが、お金をかけずにピアノを掃除する方法をご紹介しておきます。

固く絞った厚手のタオル(使い古しが良いです。)でゴシゴシ!!力を込めてゴシゴシ拭く事です。これである程度の汚れは落ちてしまいます。みなさんは力を入れてピアノを拭いたら、塗装が傷ついてしまうと勘違いして、軽~く力を入れないで拭くから汚れが落ちないのです。これは未だにピアノの塗装が漆塗りだと思っている人がいるくらいですから仕方ないかもしれませんが。

それでも落ちない汚れは,ホームセンターで\300くらいで売っている「真鍮磨きピカール」を使うときれいになります。もちろん真鍮磨きが専門ですから、ピアノのロゴや金属部分。またペダルが鏡のようにピッカピカに輝きますのでおススメいたします。ただし結構大変な作業ですよ。

お問合わせ先

Y.K PIANO FACTORY

小林泰浩

住所: 〒336-0963
さいたま市緑区大門1679

TEL: 048-705-0440

FAX: 048-705-0442

営業時間 10:00~18:00
定休日 年中無休 (夏期休暇、年末年始休暇有り)

出張ピアノ調律で不在の場合がありますのでご来店の際は事前にメール又はお電話でご確認ください。

おまかせ購入パンフ

拡大ボタン