ピアノ調律とは

ピアノ調律とは、簡単に言えば、ピアノの88鍵盤の音程を正しく合わせる作業ということです。

しかし、意外と知られていないのが、個々のピアノにより微妙に調律に違いが出るいうことです。これはメーカーや機種によっても変わりますが、同じ機種でも微妙に違いが出るのが普通です。また、「調律師の数だけ調律がある」と言われるほど実に繊細な仕事なのです。

埼玉県さいたま市のピアノ調律

調律作業は、大きく分けて「割り振り」「オクターヴ」「ユニゾン」の3段階の作業工程から成り立っています。

割り振りとは、No33F~No45Fの1オクターヴ12の音階を、等間隔に揃える作業を指します。これは、現在通常行われている調律法で、『平均律』と呼ばれています。この平均律では、1オクターヴを1200セントと決め、半音100セントの音の階段を揃えていきます。もし、階段の高さがばらばらだったら、歩きにくいですよね? それと同じ事です。また、これにより移調が容易になり、どの調でも適度にビブラートが効いているので、心地よく聞こえるというのも、平均律が広まった要因の一つだと思います。

次に、具体的な私のピアノ調律法をご紹介いたしまよう。

お問合わせ先

Y.K PIANO FACTORY

小林泰浩

住所: 〒336-0963
さいたま市緑区大門1679

TEL: 048-705-0440

FAX: 048-705-0442

営業時間 10:00~18:00
定休日  火曜日